エプロンで大事なこと~業務用も個人用も選んでお洒落も充実~

女性店員

様々な種類がある

店員

エプロンは古くなると素材にホコリが付きにくくなってしまいます。そうなると周囲にエプロンがキャッチすべき汚れが撒き散らされ、衛生環境が悪化してしまうのです。また、古い布地は汚れが落ちにくくなることもありそれも衛生に良くありません。しかし、今のエプロンは素材にもこだわって作られているので長く衛生的に使うことができます。今のエプロンの素材は、自然素材が主流で綿素材やポリエステル素材などもあります。綿素材の特徴は、水や熱への強さがあることです。飲食店でもよくユニホームとして使われています。このエプロンを着けていれば、台所や厨房などで料理をして水や熱が飛んできてもやけどや濡れることから避けることができます。そのため、このエプロンは飲食店では大人気のユニホームなのです。次に、ポリエステル素材の特徴は、エプロンにしわがつきにくいことです。エプロンにしわがついてしまうと、利用者からの印象が悪くなる可能性が高いですが、ポリエステル素材のエプロンを使うとしわがつきにくいので印象が悪くなるということはないといえます。そのため、ポリエステル素材のユニホームを使っている所が多いのは、花屋やパン屋などです。つまり、エプロンは飲食店には必ずないといけない必要な商売道具といえます。素材や軽さや動きやすさなどに注目をしていたら、良いエプロンに巡り会えるのです。

エプロンというのはこのようにそれぞれ違う素材が使われていますが、それに沿って形も異なってきます。例えば、後ろでヒモを結んで固定するというエプロンや、逆に前で固定するエプロンなどたくさんあります。頻繁にエプロンを着脱するような作業場ではやはりこのような脱ぎやすいデザインのエプロンが必要ですが、逆にずっとつけっぱなしの場所では脱ぎにくいような形をしているものの方が使いやすいのです。いろいろなエプロンが世の中には存在しています。

Copyright© 2015 エプロンで大事なこと~業務用も個人用も選んでお洒落も充実~All Rights Reserved.